2009年01月29日

NHK大河ドラマ「天地人」で、長澤まさみの設定が変わる

NHKの大河ドラマ『天地人』で、長澤まさみの設定が変わった。

元々、原作では真田幸村の姉として登場していた初音を、妹に変更して脚本を書いたため、樋口兼続(直江兼続)が14歳の時、幸村は7歳、幸村の妹なら6歳以下って事になる。

長澤まさみが6歳役ってありえない。

直江兼続は永禄3年(1560年)生まれ、真田信繁は永禄10年(1567年)生まれ。

そんな理由で、原作通りに戻しただけなんだけど・・・

原作者は火坂雅志さん。

原作者は、こんな事態になる事は解っていたと思うんですけど・・・

天地人を読んでないから解らないけど

テーマが愛っていうのはどうなんだろう?

無礼打ちにされた遺族の首を刎ね、川原に晒し、「この者どもを使いに出すから死人を返せ 慶長二年二月七日 直江山城守兼続判」と立て札をしたエピソードからも、直江兼続という人物は、現代人が考える「愛」とは程遠い。

伊達政宗とのエピソードや有名な直江状から、直江兼続の気性の激しさを知る事が出来る。

現代人が連想する「愛」とはかけ離れていると思うのですが・・・

ちなみに、直江兼続の前立ての愛は、武神・愛宕権現の一字説と、愛染明王の一字説が有力です。
[スポンサードリンク]
posted by テレビっ子 at 06:14 | 感想

バリ5/水素水/ダイエット・サプリメント/棚田の風景・蕨野棚田・春/健康・美容/リコピン・健康/酒肴/ブラックバス・ルアーフィッシング/ウェルナー症候群/モンスターペアレント/ティンカーベル/美容・ダイエット/サプケン/ダイエット・サプリメント・カロリーコントロール/有毒海洋生物クラゲ/スズメバチ/アニマルセラピー/メタボリックシンドローム/トクホ(特保)/仮面高血圧・症状・対策/ブラックバス・ルアー・準備/夏バテ・効果・対策・食品/儲け話/メタボリックシンドローム原因と予防/バナジウム天然水・健康・効果・効能/紫陽花のさんぽみち/山女・釣り・見帰りの滝/石仏の魅力・鵜殿石仏/棚田の風景・蕨野棚田・初夏/カサブランカの白い花/地サイダー夏の人気飲料/マーガレット/アザレア/アマリリス/クレマチス/つつじ/れんげ(蓮華)/胡蝶蘭/幸福の木/沈丁花/スズメバチ・応急処置・対策/ローカルヒーロー/

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。